+
1970年
+
1971年
+
1972年
+
1973年
+
1974年
+
1975年
+
1976年
+
1977年
+
1978年
+
1979年
+
1980年
+
1981年
+
1982年
+
1983年
+
1984年
+
1985年
+
1986年
+
1987年
+
1988年
+
1989年
+
1990年
男性アイドル編
岡田有希子

デビュー年度で振り返る
★アイドル歌手列伝★
岡田有希子
詳細はノート:岡田有希子をご覧ください。 ... 岡田 有希子. 1984年撮影. 本名. 佐藤 佳代(さとう かよ) 生年月日. 1967年8月22日 ... 贈りものIII~岡田有希子CD/DVD-BOX(2002年12月18日) シンデレラ + α ...
岡田有希子のことは、 ... しかし、肝心の岡田有希子に関して言えば、実にあっさりとした " ... きっと初めてのドラマ出演で緊張の連続だった岡田有希子を先輩として何かにつけ励ましたのだろう。 ...
元アイドル歌手の岡田有希子ちゃんを応援するサイトです。 ... グランプリに輝き、アイドル歌手"岡田有希子"が誕生する。 ... 「くちびるNetwork」でヒットチャートに第1位で登場 ! まさにトップアイドルに登りつめた矢先 ...
岡田有希子編 ... 岡田有希子さんに関する不思議なお話?【情報提供「masa」さん】 【情報提供「masa」さん】 私の中の「真のアイドル」像は、『岡田有希子』!... 『岡田有希子』さんの残したシングルの軌跡... 【TAKA ...
ユッコに関する掲示板です。 訪れた記録を残してください。 また、更新記録も掲載しています。 ... ユッコの内面の奥を捉えたある本をご紹介します。 名古屋のコーナー ... 岡田有希子 F o r e v e r 「恋・はじめまして」 ...

0358:二人だけのセレモニー/岡田有希子
【2012-2-27】---ぽん助のこだわり雑記帳
今年も卒業シーズン。桜の歌やら卒業の歌があちこちで聴かれる頃だ。昔は、いろいろな人が卒業ソングを歌っていて、いろいろな卒業の形が聴けたもんだが、最近では某A元氏のネタ切れ感満載な歌詞ぐらいしか聴けないので残念wさて、この曲は岡田有希子のシングルの中でも最も印象が薄いのではないかと思う。特に彼女のファンでない人でも、他のシングルは「聴いたことあるかも」という反応だが、これは「???」という感じになってしまう。それに、「アイドルの卒業ソング」というテーマで話をしている時に(そんなテーマで会話する機会があること自体が変だけどw)、「二人だけのセレモニー」を話題にすると、「それって卒業ソングだっけ?」
0358:二人だけのセレモニー/岡田有希子
【2012-2-27】---ぽん助のこだわり雑記帳
今年も卒業シーズン。桜の歌やら卒業の歌があちこちで聴かれる頃だ。昔は、いろいろな人が卒業ソングを歌っていて、いろいろな卒業の形が聴けたもんだが、最近では某A元氏のネタ切れ感満載な歌詞ぐらいしか聴けないので残念wさて、この曲は岡田有希子のシングルの中でも最も印象が薄いのではないかと思う。特に彼女のファンでない人でも、他のシングルは「聴いたことあるかも」という反応だが、これは「???」という感じになってしまう。それに、「アイドルの卒業ソング」というテーマで話をしている時に(そんなテーマで会話する機会があること自体が変だけどw)、「二人だけのセレモニー」を話題にすると、「それって卒業ソングだっけ?」
動画協力:turbo822さん※このブログの記事の楽曲の歌詞の掲載については、日本音楽著作権協会(JASRAC)の掲載利用許諾条件を順守しております。詳しくはこちら。↓http://www.jasrac.or.jp/news/12/1212.html早いもので、岡田有希子さんが逝去されてから、今日でもう丸...
昨年、このブログで43歳のお誕生日をお祝いして、もう1年が経ってしまいました。とはいえ、ユッコの時間は昨年ではなく、25年前のあの時から止まってしまっているような気がします。でも、実際には時間が止まることはありません。そして、今日、2011年8月22日は、ユッコの44...
デビュー直後のユッコ。あどけない微笑みが眩しいです。そして、2年後の1986年4月8日。彼女は自ら時間を止めてしまった。その封印された微笑みが、今もずっとユッコファンの心の中に宿っています。そして、今、東日本大震災で被災して元気のなくなっている日本だけれども、...
本日、2010年8月22日は、ユッコが存命なら43歳の誕生日です。時の経つのは早いもの、でも、いつまでの忘れられないのは、あの時のYukkoです。今回は、1984年4月8日の、赤坂プリンスホテルで開催された、デビュー前のイベント「集まれYukkoフレンズ」から、未公開だった3枚の...
ファイルNo.12|キャッチフレーズ辞典|岡田有希子
【2013-8-17】---80年代アイドル☆ピンク・レディー☆昭和TVワンダーランド
さてさて、今回で12回目を迎えることと相成りました『キャッチフレーズ辞典』。好評なのか不評なのか、イマひとつ手ごたえがツカめていないのだけれども、ひとまずは気にせずゴリ押し!このまま続行させていただきたいと思うのでありまする。(笑)でもって今回の主役はこのお方。岡田有希子さんジャジャーン!そそっ、前回の高橋美枝チャンと同じく「スター誕生!」のご出身。しかも84年組として同期の桜!と、ハデにファンファーレったところで美枝チャンがあんな状態だったからぁ…そもそもそういう認識すら皆様の脳内には刻まれてないのカモね、滝汗。さて、主役のユッコちゃんがデビューしたのは1984年4月21日のこと。こ
動画協力:turbo822さん※このブログの記事の楽曲の歌詞の掲載については、日本音楽著作権協会(JASRAC)の掲載利用許諾条件を順守しております。詳しくはこちら。↓http://www.jasrac.or.jp/news/12/1212.html早いもので、岡田有希子さんが逝去されてから、今日でもう丸...
今日は岡田有希子さんの命日
【2013-04-08】---TAKAのつれづれ帳
桜が咲くと思い出すのです。あの日、四谷のビルから自らの命を絶ったアイドルの事を。今日4月8日は岡田有希子さんの命日。もし生きているなら45歳。27回目の命日になります。80年代にアイドル歌手に夢中になった方ならこの日の事は忘れる事は出来ないですよ。あまりにも衝撃的でしたから。そして今年は岡田有希子さんのヒット曲「くちびるNetwork」を事務所の後輩のアイドルグループ「さんみゅ〜」がカバーしました。くちびるNetwork (通常盤)クリエーター情報なしポニーキャニオンソロ歌手の楽曲をグループが歌うのですから音としては厚みが出ますね。ただまぁソロで歌う方がグッとくる感じは強いですけどね。今日は久
夢ならさめて!「二人だけのセレモニー」 岡田有希子
【2013-3-23】---80年代アイドル☆ピンク・レディー☆昭和TVワンダーランド
桜舞うこの季節…巷では「卒業式」や「お別れ会」などなど、セレモニアルな催し物があちらこちらで開催されるシーズンでゴザイマスよね。ワタクシメにおける「卒業式」の思い出と言えば…やはり小学校のソレかナと。あの日は3月下旬にもかかわらず、小雪が舞い散った寒い1日。会場である体育館では卒業生を送る下級生たちの歌声、そして卒業生全体で歌うお別れの歌が響き渡り、父母の皆々様方がすすり泣くお声などなど、これぞ「ザ・昭和の卒業式」といった趣をたたえていたものでゴザイマス。卒業と言えば、70~80年代アイドルたちもこぞって取り上げたモチーフであったことは、このブログのご訪問者さまなら十分ご承知のことかと
【命日】 岡田有希子  くちびるNetwork  by海老太郎
【2012-04-08】---海老太郎のアナーキー日記 〜Anarchy diary〜
岡田有希子  くちびるNetwork  by海老太郎 26年前の今日、4月8日にアイドル歌手の岡田有希子さんが、18歳という若さで自らの人生に終止符を告げました。この時の衝撃はとてつもなく、後追い自殺等も含めて社会に大いなる波紋を投げかけたものです。。。。。聖子さんとYMOの好きだった私は、聖子さんと教授の最高のタッグで作られたこの曲が大好きでした。上品に華麗に歌いこなす、ユッコもまさしくアイドルのお手本のようで。最近ではしよこたんがカバーしてちょっとした話題にもなったこの曲。聖子さんから、ユッコへの思い出等を聞きたいですね。もう、時がツラさや無念さを解消した時期だとも思いますから。
0358:二人だけのセレモニー/岡田有希子
【2012-2-27】---ぽん助のこだわり雑記帳
今年も卒業シーズン。桜の歌やら卒業の歌があちこちで聴かれる頃だ。昔は、いろいろな人が卒業ソングを歌っていて、いろいろな卒業の形が聴けたもんだが、最近では某A元氏のネタ切れ感満載な歌詞ぐらいしか聴けないので残念wさて、この曲は岡田有希子のシングルの中でも最も印象が薄いのではないかと思う。特に彼女のファンでない人でも、他のシングルは「聴いたことあるかも」という反応だが、これは「???」という感じになってしまう。それに、「アイドルの卒業ソング」というテーマで話をしている時に(そんなテーマで会話する機会があること自体が変だけどw)、「二人だけのセレモニー」を話題にすると、「それって卒業ソングだっけ?」
くちびるNETWORK 中川翔子 岡田有希子のカバー
【2012-02-06】---海老太郎のアナーキー日記 〜Anarchy diary〜
くちびるNETWORK 中川翔子.wmv 松田聖子さんを神と仰ぐ、しょこたんが、聖子さん作詞の「くちびるネットワーク」をカバー原曲のユッコも最高でしたが、しょこたん、イメージ崩さず素敵な歌に。。。。ハートがいっぱいになる優しくて、安らかな歌い方。しょこたんは、ホント上手いですねぇ★聖子さんユッコしょこたん、とそのハートが伝承されているんですよね。にしても、聖子さん、このときのほうが作詞能力高かったような。。。。(苦笑)しょこたんかばーより。
岡田有希子  恋はじめまして
【2012-01-26】---海老太郎のアナーキー日記 〜Anarchy diary〜
岡田有希子 恋はじめまして頼むユッコ蘇って、AKBに入ってくれ!!そしたら、私は絶対推して、推して、おしまくるぞ。いや、そんなバカげたことを言ってる場合ではないか。。。。後ろにいるチェッカーズのクロベェは私と同じ歳だったけど彼もまた、ユッコと同じ世界へと旅立ってしまった。。。。。人気ブログランキングへバナーのワンクリックご協力をお願い致します(o^∀^o)クリックの数で人気ブログランキングの順位が上がります。
想い出をめくるBGM 特集編 岡田有希子
【2012-01-26】---海老太郎のアナーキー日記 〜Anarchy diary〜
想い出をめくるBGM 特集編うp主様からのコメント今回は特集ですよー、楽しんで頂けるといいのでが・・・。それはともかく、今見てもやっぱかわいいですよね。ある意味本当に永遠のアイドルになってしまったわけですけど・・・、想い出のある人も、そうでない人も聴いてね。なんか1曲目途中で途切れてる部分があるみたいで、もともとの音源からなってたみたいです、すいませんです(>_<)こっちも聴いてね mylist/694462101 ファースト・デイト02 リトルプリンセス03 -Dreming Girl- 恋 はじめまして04 二人だけのセレモニー05 Sweet Planet06 Love Fair07 く
岡田有希子 恋はじめまして 新録 男が歌いました
【2012-01-19】---海老太郎のアナーキー日記 〜Anarchy diary〜
竹内まりやさん、素敵な曲書きますよねぇ・・・・ユッコの曲の中ではかなり好きな作品です。。。。。
恋、はじめまして 岡田有希子/ (Mayuyuまゆゆ渡辺麻友Ver2)
【2012-01-03】---海老太郎のアナーキー日記 〜Anarchy diary〜
恋、はじめまして-Dreaming Girl-岡田有希子    (Mayuyuまゆゆ渡辺麻友Ver2)竹内まりや 作詞作曲作品なんとも切ない、苦しい思いに駆られます。ユッコの活躍時と前後して、素人集団おニャン子クラブ台頭がありましたね。アイドル歌手、岡田有希子は、ひょっとするとソロでは最後の清純派アイドルだったのかも知れませんね。シンガーとしても一流で、そのイヤミのない程度の安定した歌唱力はレコ大の最優秀新人賞にも輝き、ラストシングルはオリコンの1位となりました。そんな、ポスト聖子最有力候補だったユッコの突然の死。。。。。。。今でもその衝撃度は計り知れないほど、私の心に刻み込まれています。皮肉
くちびるNetWork/岡田有希子
【2011-12-27】---海老太郎のアナーキー日記 〜Anarchy diary〜
くちびるNetWork/岡田有希子何度かアップしてますが。歌も上手いし、かわいいし、つくづく惜しいアイドルを亡くしました。まさか、聖子さんと坂本龍一さんというビッグネームの二人の曲が1位をとって、ラストシングルになろうとは。。。。。。聖子さんと言えば1985年には姉のように慕っていた、夏目雅子さんが27歳で病死。翌1986年には、妹分のユッコが、わずか18歳で自殺・・・・・・聖子さんにとっては、本当にツライ時期でした。何度も繰り返して恐縮ですがこの曲は是非ともセルフカバーして、ユッコを本当の意味で弔って欲しいです。歌詞もファンタジックで、セルフ時代の聖子曲より好きなんです。天国のユッコに届けて
岡田有希子 恋、はじめまして  男が歌ってしまいました
【2011-12-18】---海老太郎のアナーキー日記 〜Anarchy diary〜
岡田有希子恋、はじめまして男が歌ってしまいました とても恥ずかしいのですが、原曲キーでトライ初めて歌ったので、メタメタですが。。。。。良かったら聴いて下さいませ。バナーのワンクリックをお願い致します(o^∀^o)
昨年、このブログで43歳のお誕生日をお祝いして、もう1年が経ってしまいました。とはいえ、ユッコの時間は昨年ではなく、25年前のあの時から止まってしまっているような気がします。でも、実際には時間が止まることはありません。そして、今日、2011年8月22日は、ユッコの44...
デビュー直後のユッコ。あどけない微笑みが眩しいです。そして、2年後の1986年4月8日。彼女は自ら時間を止めてしまった。その封印された微笑みが、今もずっとユッコファンの心の中に宿っています。そして、今、東日本大震災で被災して元気のなくなっている日本だけれども、...
岡田有希子 「くちびるNetwork」 最後の姿(再)
【2010-09-17】---海老太郎のアナーキー日記
■up主様からのコメント1986年4月4日収録。死の四日前の彼女の最後の姿。■こんなに明るいユッコがわずか4日後に・・・・・何度観てもつらいです。彼女の死後、作詞の松田聖子さんの泣き崩れる映像が思い浮かびました。
岡田有希子 二人だけのセレモニー
【2010-09-09】---海老太郎のアナーキー日記
4枚目のシングル二人だけのセレモニー(1985年1月16日)「東芝・レッツチャット」CM曲 作詞:夏目純 作曲:尾崎亜美 編曲:松任谷正隆この曲は大好きでよく聴いていました。。。。ユッコの映像を観る度に胸が苦しくなりますが生前の活躍を振り返りたくとりあげることにしています。
本日、2010年8月22日は、ユッコが存命なら43歳の誕生日です。時の経つのは早いもの、でも、いつまでの忘れられないのは、あの時のYukkoです。今回は、1984年4月8日の、赤坂プリンスホテルで開催された、デビュー前のイベント「集まれYukkoフレンズ」から、未公開だった3枚の...
こんばんは。前回に続いて、竹内まりやさんによる女性アイドルへの楽曲提供作を。岡田有希子さんの記念すべきデヴューシングル。『ファーストデイト』。まりやさんが最も多く楽曲提供を残されたアイドルが岡田有希子さんでした。彼女へ書き下ろした作品はどれも素晴らしいです。有希子さんの可憐純情な乙女そのものな容姿。そして内向的で生真面目な女の子、というイメージを見事に具現化したようなまりやさんのソングライティング。クラスで気になる男の子、でも決して自分からは話仕掛けることは出来ない。でも突然その彼からデートの誘いを受ける。恋の喜びよりも不安が先行している。実際に恋するコトに気後れしてしまう女の子の等身大の気持
岡田有希子 ファースト・デイト  昭和59年
【2010-03-22】---海老太郎のアナーキー日記
デビュー曲です。竹内まりやさんの作った曲でしたね。。。。生前のラストシングルは松田聖子さんと坂本龍一さんの作詞・作曲でした。。。ご存知ない若い世代の方のために簡単なプロフをウィキより抜粋します。■岡田 有希子(おかだ ゆきこ、1967年8月22日 - 1986年4月8日)は、日本のアイドル歌手、女優。1980年代中期のトップアイドルの一人。ポスト松田聖子として期待され活躍していたが、アイドルとしての絶頂期に自殺している。本名は佐藤 佳代(さとう かよ)本名 佐藤佳代 生年月日 1967年8月22日 没年月日 1986年4月8日(満18歳没) 出生地 愛知県一宮市 血液型 O型 ジャンル 歌手
TSUMAMI