デビュー年度で振り返る・・・
70年代~80年代に輝いた、懐かしのアイドル歌手達
★登録アイドル歌手数(女性編):148名★
+
1970年
+
1971年
+
1972年
+
1973年
+
1974年
+
1975年
+
1976年
+
1977年
+
1978年
+
1979年
+
1980年
+
1981年
+
1982年
+
1983年
+
1984年
+
1985年
+
1986年
+
1987年
+
1988年
+
1989年
+
1990年
男性アイドル編

2
1971

色づく街 南沙織 1991
1972
1973
1974

蘇える金狼 テーマ曲-1979年 松田優作 風吹ジュン
1975
1976
1977

スター大運動会 水泳大会・ピチピチ・やりすぎ★スター錦野★ヒストリー
1978

狼なんか怖くない
1979
1980

タッチ/岩崎良美(Cover)
1981
1982

新井薫子 CM PINO
1983
1984

菊池桃子 - 卒業 -Graduation-
1985

中山美穂 伝説のシャワー
1986
1987
1988

西田ひかる - 女だらけの水泳大会その② 胸チラ多数
1989

表紙のアイドル歌手を替えてみる・・

傑作!なのに未DVD化。「激愛・三月までの..」 三田寛子&草刈正雄主演ドラマ
【2017-1-15】---70-80年代アイドル☆ピンク・レディー☆昭和TVワンダーランド
冬の曇った日...たまにひょっこり姿を見せてくださるお天道様はありがたき存在。しかし、その光はとてもか弱く、すぐに雲の向こうへと、そのお姿を隠してしまわれるのです。このような空模様を見る度に、必ずと言っていいほどワタクシメの脳裏に浮かんでくるドラマがある。それは、今から遡ること33年も前のこと。今くらいの、寒さしばれる冬の時期に放映されていた「激愛・三月までの..」そもそもこうなるのは、番組オープニングのタイトルバックの影響が多々なのかもしれないが。本作品は、物語としては地味めでありながらも、記憶に留めている人がやけに多い。先日も、とある映画監督にお会いした際に、このドラマの話題が出たものだか
どうも~、芳村真理でーす。あ、似てました?髪型が。それはレコード棚の〈よ〉の仕切りに置いといて、前回に続いて1986年のシングルをずずずいーっと、ご紹介しましょう。今夜も昭和へワープだ。新田ヨロシク恵利さんに頭突いては、うしろゆびさされ組。これまたおニャン子クラブ関連ですね。特にうしろゆびさされ組は好きでした、面白かったですね。ヒネった感じが。秋元 康さんの遊び心が上手く出ていたと思います。高井麻巳子さんと岩井由紀子さんの浮遊感のあるコンビとの相性も良く。『バナナの涙』は彼女たちのセカンドシングル。1月21日発売。この冬も寒かった。アニメ『ハイスクール奇面組』のテーマソングでもありました。作詞
ども、お早うございます。2016年も残すところ、あと二十日です。480時間を切りました。早いもんです、今年もやり残したことと言えば、数えきれないほどです。数えきれないろくでなしであります。このブログでも紹介し損ねているシングル盤が五万枚!サバ言うなコノヤロ~。ま、生きているうちに好きなシングルを全て取り上げたいです。そんでもって、このブログでやって見たかった企画を今回から始めましょう。それは“1986年”、昭和61年。忘れもしない30年前~!何故かこの年に発表された音楽が好きです。それには理由はありますが、またの機会に。このブログでも1986年産のシングルをたくさん紹介してきました。ざっと 五
お、土曜日やないかどこほっつき歩いてたん?はよ来いや♩という訳で〜帰ってきた?『土曜日のシングルたちへ』。悲しみを乗り越えて粛々と更新します。今夜は斉藤由貴さんです。あー、青春ですね。斉藤さんの音楽は純文学的でした。彼女の6枚目のシングル、そして初の12インチシングル『土曜日のタマネギ』。『トットてれび』じゃなく。元々は1986年の3月にリリースされた2ndアルバムの『ガラスの鼓動』に収録されていた曲ですが、当時から人気が高く、その反響から5月に後発シングルとしてリリース。アルバムも名盤の誉れ高いです。A面の『土曜日のタマネギ』。特筆すべきはア・カペラの楽曲だという事。当時女性アイドルがこうい
ギャルソンのせいかも、プンプン!「夏色のギャルソン」 松本明子
【2016-7-10】---70-80年代アイドル☆ピンク・レディー☆昭和TVワンダーランド
毎年のことになるけれど…今年もまた「四文字」の日がやってまいりましたね。はて?その「四文字」の日とはなんぞや?笹の葉サ~ラサラそそっ…七夕=たなばたでゴザイマス。またの名をしちせき、そして英語ではStar Festivalと呼ばれており、7月7日のみならず、旧暦の8月にも各地でお祭りが開催。特に7月7日に関しては、1年に一度だけ...愛し合う二人(織姫と彦星)が天の川を超えてランデブー…という、いとロマンちっくな日。しかし、そもそもこういう風になったのは、お二人の怠けた生活が原因でゴザイマシタよね。ワタクシメ自身もコレを肝に命じ、ブログにおける更新が滞らぬように努めますワ。というか、も

ブログを巡廻してテーブルを最新情報に更新する

TSUMAMI