デビュー年度で振り返る・・・
70年代~80年代に輝いた、懐かしのアイドル歌手達
★登録アイドル歌手数(女性編):148名★
+
1970年
+
1971年
+
1972年
+
1973年
+
1974年
+
1975年
+
1976年
+
1977年
+
1978年
+
1979年
+
1980年
+
1981年
+
1982年
+
1983年
+
1984年
+
1985年
+
1986年
+
1987年
+
1988年
+
1989年
+
1990年
男性アイドル編

1
1971
1972

麻丘めぐみ「芽ばえ」
1973

安西マリアさん・・・・涙の太陽
1974
1975
1976

相本久美子/1979年オールスター秋の大運動会女子走り高跳び
1977
1978
1979

沢田聖子 ささやかなこの人生
1980
1981
1982

1980年代アイドル歌メドレー松田聖子 河合奈保子 ー堀ちえみーーー
1983

河上幸恵 春にめざめて
1984

【閲覧注意】自殺した芸能人・有名人まとめ(上原美優 ほか)
1985

魔法の妖精ペルシャ OP1 [STEREO]
1986

山瀬まみがNHK『ガッテン』を解雇された理由がヤバい!
1987

乱歩 「密室の少女」1/2 佐野史郎 小川範子
1988

【1989】超常現象を見た!
1989

プログラビアアイドル・磯山さやか史上、会心の写真がここにある。

表紙のアイドル歌手を替えてみる・・

0362:CHIEMI SQUALL/堀ちえみ
【2019-3-28】---ぽん助のこだわり雑記帳
ご無沙汰しております。Yahoo!ブログが終了するということで、近況報告も兼ねて、記事を書いておこうかなと。ちえみちゃんが、癌で手術をした。自分が死ぬかもしれないとなった彼女が願ったのは82年組の同窓会。プロと言うよりは、どこか学校の部活とか文化祭の発表会のような感覚で、アイドルを楽しんでいたように見えたちえみちゃんらしいなと思う。明るく元気だったちえみちゃんも、あれこれ波乱万丈の人生で、いろいろと苦労されている。そんな彼女の苦労を思ったとき、思い出すのがこの曲だ。82年組ではこれは彼女にしか歌えないのではないかと思う。コンサートでのファンとのかけあい。ファンとともに成長したちえみちゃんだから
まさかまさかの堀ちえみさんの口腔がん(舌癌)の発表、しかもステージ4というもっとも進行した状態での公表に、みなさんビックリされたに違いありません。もちろん、館主も寝耳に水というか、大阪出身、血液型B型のアイドル時代の元気な堀ちえみさんを知っているだけに、こ...
オイ―ス!土曜日だけど“土曜日のシングルたちへ”はお休みだよー!仲の良いお友達にも教えてあげてね~。と今回もテキトーな書き出しでブログを発信!“夢”なシングルを今宵も。ハイ!全国1千万の80年代女性アイドルファンのみなさん、おまっとさん。伊藤智恵理さんの『夢かもしれない』だぞ、と。1988年の3月にリリースされた4枚目のシングル。ということは、今年で30周年。おめでとうございます。この曲で僕は伊藤智恵理さんを知りました。そういう人、多いのかもしれない。勿論きっかけは桃屋の《ごはんですよ》のCМソングで、それはウソかもしれない!正しくはハウスのフルーツインゼリーのCМソングかもしれない。ブラウン
オイ―ス!土曜日だけど“土曜日のシングルたちへ”はお休みだよー!仲の良いお友達にも教えてあげてね~。と今回もテキトーな書き出しでブログを発信!“夢”なシングルを今宵も。ハイ!全国1千万の80年代女性アイドルファンのみなさん、おまっとさん。伊藤智恵理さんの『夢かもしれない』だぞ、と。1988年の3月にリリースされた4枚目のシングル。ということは、今年で30周年。おめでとうございます。この曲で僕は伊藤智恵理さんを知りました。そういう人、多いのかもしれない。勿論きっかけは桃屋の《ごはんですよ》のCМソングで、それはウソかもしれない!正しくはハウスのフルーツインゼリーのCМソングかもしれない。ブラウン
雑誌『昭和40年男』|石川ひとみグッズ掲載のお知らせ
【2018-3-06】---70-80年代アイドル☆ピンク・レディー☆昭和TVワンダーランド
いつもご訪問をありがとうございます。今回は、手持ちのグッズが雑誌に掲載されることになりましたので告知させていただきますネ。■雑誌名:『昭和40年男』2018年4月号 特集『ジャンクなプラモ』■出版社:クレタパブリッシング■雑誌紹介のURL:http://www.s40otoko.com/magazine■発売日:2018年3月10日(土)雑誌『昭和40年男』とは...昭和40年(~41年3月)生まれの男性のための情報誌。誌面では同年代の活躍を紹介したり、そろそろ心配になってくる健康面にまつわる話題、そして、あの頃にハートをときめかせてくれた懐かしいアイドル歌手や当時のティーン文化などなどを、「

ブログを巡廻してテーブルを最新情報に更新する

TSUMAMI